留学準備

Packing

パッキング(持ち物)リスト

単なる旅行とは違っていろんな準備が必要な留学。IDEA CEBUでは、皆様の必要な荷物をできる限り最小限に抑えれるよう、様々なサポートは準備しておりますが、いざ準備となるとなかなかイメージしづらく、バタバタしてしまいがちです。しかしだからといって、あれもこれもと荷物を詰めると、挙げ句の果てには空港で荷物が重量オーバーしてしまうことも…。そうなると追加料金も必要になり、無駄な費用を支払うという悲しい結果になりかねません。「持ってくるのを忘れた!」「持ってきすぎた!」ということがないよう、こちらのチェックリストで念のためにチェックしてみましょう!

icon box image

パスポート

滞在日数+6ヶ月以上の残存期間のあるパスポートをご持参ください。
また、紛失に備えて、コピーも必ず用意してください。

icon box image

航空券(Eチケット)

フィリピン出国のチケットがないと日本を出国できませんので、必ず日本―フィリピンの往復チケット、もしくは第3国への出国チケットをご用意ください。

icon box image

海外旅行保険

滞在期間全てをカバーする海外旅行保険へのご加入を必ず済ませるようにお願いいたします。加入しなかった場合、現地での診察、入院等は大変高額になります。また語学学校によっては、保険がないと入学が断られることもございます。加入したら証券が発行されますので、その証券およびコピーを持参ください。

icon box image

お小遣い・現金

目安:5,000~40,000円/月 ※個人差があります

語学学校及び帰国時の空港税等の必要な経費を除いたお小遣いです。
日本国内ではフィリピンペソへの外貨交換を行っている銀行が少ないので、フィリピン到着後に空港内の銀行または両替所でペソに両替していただくのが一般的です。

icon box image

衣服類

半袖シャツ5~6枚、長袖のジャケットやパーカーもエアコンがよく効くので準備しましょう。長ズボン1~2枚、下着4~5セット、靴下(必須)、普段着用のジャージがあると便利。 帽子(日差しが強いです)、運動靴、サンダルなど。ヨガクラス等を受講されたい場合は、運動着も必要です。

icon box image

クレジット・デビットカード

現地のATMを利用して、現地通貨の現金を引き出すことが可能です。クレジットカードは、VisaやMasterカードであれば、ほとんどが対応しています。特に、Visaデビットカードは様々な金融機関で取り扱いもあり、機能もクレジットカードと変わらず、ATMでの引き出しはもちろん、支払いも可能なので、オススメです。Visaデビットカードは預金口座から使用後に即座に引き落としされるので、使いすぎの心配もありません。

icon box image

スキンケア

女性は、いつも使っているものを持っていくことをオススメします。フィリピンでも購入することができますが、本人の肌質に合う、普段使っているものを持っていくのが良いと思います。特に、化粧水、乳液、クレンジングなどは日本からお持ちください。現地では購入が困難です。

icon box image

常備薬

日本でよく飲んでいる薬や消化剤、下痢止め、風邪薬などは自分にあったものを持って行かれることをお勧めします。フィリピンの医薬品はほぼアメリカからの輸入品ですので品質には問題ありませんが、値段は日本と余り変わりませんし、人によっては強すぎる事もあるので、普段お使いのものがあればお持ちください。

icon box image

タブレット・PC等

お持ちの方は持っていかれると便利です。英単語、Idiomの検索や英語授業の予習復習にも辞書の代わりとして非常に便利です。IDEAでは無料でインターネット利用が可能ですので、学習の予習復習はもちろん、現地に関する調べ物等もご利用いただけます。
ビジネス英語やプレゼンテーション授業を受講されたい方は念のため、オフィスのPower PointやGoogle スライド等が利用できるようにしておくことをお勧めします。

icon box image

筆記用具

日本製をお勧めします。
ボールペン、ノート等は現地でも購入ができますが、日本製に比べると非常に質が劣るため、日本からお持ちいただく事をおすすめいたします。

icon box image

水着・ゴーグル

アクティビティを通して、プールや海に行くこともあるかと思います。現地で購入できますが安くはないので、持参されても良いと思います。

icon box image

電子辞書

スマホやタブレットを持参されない場合は、授業や課題などを円滑に進めるためにも必須です。

icon box image

タオル

洗濯に出している間は使えなくなりますので、バスタオル2枚、ハンドタオル2枚は必須です。(ホテル寮は備え付けのタオルがありますが、持出は禁止となっています)

icon box image

歯ブラシ・ボディソープ等

歯磨きセット 、石鹸(ボディソープ)、シャンプーは1個ずつほど用意しましょう。持って行くと荷物が多くなる、日本製にこだわらない、などという方は、現地で購入することもできます。

icon box image

メガネ・コンタクトレンズ

普段ご使用のものをご持参ください。コンタクトは使い捨てのものも、予備として持参すると便利です。

icon box image

フィリピンの傘は安くありますが、壊れやすい製品が多いです。一日中雨が降ることは珍しいですが、スコールが多いので、折り畳み傘をご用意ください。

icon box image

日焼け止め・虫除け

現地でも購入できますが、日本製の方が効果はあります。日頃お使いのものをご持参ください。場所によっては蚊が多いので、長袖長ズボンをはくなどの対策も効果的です。

icon box image

海外対応ドライヤー

学生寮、ホテルにも備え付けはありません。海外対応のドライヤーを持参いただく必要があります。またヘアアイロンなども海外対応のものでないと使用できませんのでご注意ください。
コンセントタイプ:Aタイプ / ボルト数:220V

icon box image

サンダル

部屋用です。語学学校やアクティビティでは原則靴・シューズでお願いします。
*プールリゾートの場合はサンダルでも大丈夫ですが、アイランドホッピングではシューズタイプのサンダルをオススメします。

icon box image

SIMフリースマートフォン

日本でお使いのスマホがSIMフリーであれば、現地SIMと入れ替えて、現地の電話番号を取得して通話やインターネット接続が可能になります。大半がプリペイドになりますので、SIMを入れただけでは使用できません。一定額の料金を支払う必要があります。支払い方法などはSIMの会社によって様々ですので、現地到着後にご確認ください。

icon box image

変圧器とプラグ

電気製品は 220V であるため、使用される電化製品によっては変圧器が必要となります。日本と同じ形状(Aタイプ)ですので、お持ちの電化製品のボルト数をお確かめいただき、220V適応のものは使用できます。

icon box image

パスポートサイズ写真

パスポートを紛失したり、トラブル時に必要になるケースがありますので、予め持参しておけばトラブルになっても、比較的短い時間での解決が可能となります。

icon box image

コップ・タンブラー

ウォーターディスペンサーは学校にございますが、コップやタンブラーなどは備え付けがございませんので、ご持参ください。

IDEA パンフレット資料請求はこちらからどうぞ

資料ダウンロードはこちら