荷物を送る時に使えるフレーズ集

荷物を送る時に使えるフレーズ集
2021年11月4日 GENKI
荷物を送る時に使える英語フレーズ集

今回は海外から郵便や荷物を送る際に便利なフレーズをご紹介します。

旅行の時に綺麗な絵葉書を見つけたら日本へ送ってみたり、たくさん買い物をしてしまった場合は宅急便で送ったり、と海外にいても荷物を送るシーンは少なからずあると思います。

なかなか学校では習わないようなフレーズばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

郵便物を送る時に使える英語フレーズ集

郵便物を送るときに使える英語フレーズ

・I would like to send this letter to Japan (by airmail).
この手紙を(航空便で)日本へ送りたいのですが。

 

・How many days will it take?
何日かかりますか?

 

・Could you tell me the postal code for ○○
○○の郵便番号を教えていただけますか?

 

・I would like to buy two stamps.
2枚切手が欲しいのですが。

 

・Do you have the Olympic commemorative stamps?
オリンピック記念切手はありますか?

 

・I’m looking for the world heritage stamp series.
世界遺産の切手が欲しいのですが。

 

・Is this stamp available in other countries? Or exclusive to Australia?
この切手は他の国でも買えるんですか?オーストラリア限定ですか?

 

・I forgot to put a stamp on the envelope.  What should I do?
封筒に切手を貼るのを忘れてしまいました。どうすればいいですか?

 

・What is the cheapest way to send this postcard to Japan?
この絵葉書を日本に送るのに一番安い方法はなんですか?

 

・What is the fastest way?
一番早く着くのはどれですか?

 

・Could you give me a slip for this mail?
この郵便物の伝票をいただけますか?

 

・Which slip I should write for this international mail?
国際郵便物を送るためにどの伝票に書けばいいですか?

 

・I would like to send this accessory to my sister in Japan.  Do I need a padded envelope?
このアクセサリーを日本にいる姉に送りたいのですが、詰め物をした封筒が必要ですか?

 

・If I send this letter by express mail, can I track it?
この手紙を速達で送った場合、追跡することは可能ですか?

 

・These documents are very important for me, I’m worried that they will get lost.  Could you arrange a delivery certificate?
この書類はとても大切なものなので、紛失しないか心配です。配達証明をつけていただくことはできますか?

 

 

小包を送る時・受け取る時に使える英語フレーズ集

小包を送る時に使える英語フレーズ

・Do you have parcel boxes here?
ここで小包用の箱は売っていますか?


parcel” はあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、海外では “package” 同様よく使われる言葉です。「荷物」「小包」という意味なのですが、 “package” と異なるのは少しフォーマルな意味を持っているという点です。
また、 “parcel” は郵便局や配送会社が配達する、小さくて平たい荷物を指します。“package” は割と厚みのある荷物のことをいいますので、小さい荷物や平たい小包などは “parcel” を使うようにするといいですね。

 

 

・Could you weigh this package?
この荷物の重さを計っていただけますか?

 

・How much will it cost as it’s current size?
このままのサイズだといくらになりますか?

 

・Is there a duct tape that I could use?
私が使ってもよいガムテープはありますか?

 


梱包の際には必須のガムテープですが、これも海外では通じない和製英語なので注意が必要です。おなじみの茶色いガムテープは “duct tape”(ダクトテープ)、太い透明のテープは “packing tape”(パッキングテープ)で通じます。ぜひ覚えておきましょう。

 

 

・I would like to send this package to Japan.  There are a few clothes and letters inside it.
この小包を日本へ送りたいのですが。中身は服と手紙です。

 

・I would like to use sea mail rather than air mail.
航空便でなく船便を利用しようかと思っています

 


時間がかかるけど安くてお得な船便は、 “sea mail” といいます。そのままなので覚えやすいですよね。航空便以外の郵送方法で最近よく使われるのが “surface mail” です。もちろん「船便」のこともこの単語で表現できます。航空便 “air mail” が地球の上空を飛ぶ飛行機で届けられるのに対して、地球の表面を走るトラックや列車、海の上を走る船で届けられるのが  “surface mail” と呼ばれています。よく使われる表現なので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

 

 

・How much will it cost to send this by surface mail?
これを船便で送った場合いくらかかりますか?

 

・I would like to insure this parcel.
この小包に保険をかけたいのですが。

 

・Could you put a fragile sticker on this parcel, please.
この小包に割れ物注意のステッカーを貼っていただけますか?

 

・Would you give me a customs form?
関税申告書をいただけますか?

 

・Could you send this package by C.O.D?
着払いで送っていただきたいのですが。

 

FedExという日本でいうヤマト運輸のような配送会社がアメリカにはあるのですが、そこで着払いの方法で送ることができます。着払いは郵便局では送れないので注意しましょう。

“C.O.D” は “cash-on-delivery” の略です。海外ではよく使われる表現なので覚えておくようにしましょう。

 

 

・Could I schedule the delivery time?
時間指定で配達していただけますか?

 

・Could I send it in two separate packages?
2つに分けて送ることは可能ですか?

 

・Is there a charge for a pick up service?
集荷に料金はかかりますか?

 

・I would like to arrange for a package pick up on Sunday.
日曜日に荷物の集荷をお願いしたいのですが。

 

・I got this package yesterday but it was ripped and the documents inside were damaged.  I would like compensation.
昨日この小包を受け取ったのですが、破けていて中の書類にも損傷がありました。補償は受けられますか?

 

・If the item can’t be delivered, how long will it be kept at the post office?
配達できなかった荷物は何日間郵便局で保管されますか?

 

・Could I check the delivery status online?
配達状況をネットで確認することはできますか?

 

 

今回は以上です。参考になれば幸いです。ありがとうございました。