中高生向けの春季国内留学なら【イデア・イングリッシュキャンプ】がおすすめ

中高生向けの春季国内留学なら【イデア・イングリッシュキャンプ】がおすすめ
2020年12月24日 GENKI
イデアイングリッシュキャンプ

【IDEA 国内イングリッシュキャンプ開催中止のお知らせ】
2021年春に関東(栃木)、関西(和歌山・兵庫)、九州(佐賀)の国内4ヶ所で開催を予定しておりました2泊3日の国内イングリッシュキャンプに関しまして、新型コロナウイルスへの感染対策を施した上で実施する予定ではございましたが、緊急事態宣言の延長に伴い、感染者が減少傾向にあるものの依然として各地で病床の逼迫が深刻であることを考え、中止とさせていただく運びとなりました。参加をご検討いただいていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございませんが、何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

そもそも国内留学 / イングリッシュ・キャンプとはなんでしょうか?

留学といえば海外というイメージがありますが、中高生に向けての英語学習といえば、国内で合宿したり、海外ジュニアキャンプに参加したり、ホームステイなどが有名です。

また、ハワイやセブ島でのサマーキャンプや、オーストラリアやカナダなどの学校研修、ホームステイなどもあります。

ただし、現在はコロナの影響で海外留学は不可能な状況で、いつ再開されるかも全くわかりません。

 

海外留学が無理なら独学で勉強するしかありませんが、英語の勉強は自習ばかりやっていても効率が悪く、なかなか話せるようにはなりません。

国内にいながら、海外留学と同じような環境で勉強するプログラムが国内留学/イングリッシュ・キャンプです。
短期間ですが、英語漬けの環境で効率的に学ぶことができます。

 

国内留学の特徴

国内留学に行く女性

1.集中して英語の勉強ができる

国内にいるとはいえ、合宿です。留学先によりますが、数日間か数週間、施設内にこもって集中的に勉強します。

短期間の勉強で簡単に英語力が伸びることはありませんが、独学するより確実に英語脳が鍛えられます。毎日1時間単語帳を勉強するより、数日間、朝から晩まで英語漬けの生活をした方が、より身につきやすいです。

 

2.国内なので安心

海外留学でデメリットになりがちなのは、治安の問題です。日本人が海外留学で行くような国や地域は比較的安全で、語学学校もしっかりと安全対策をしていますが、それでも海外では何が起こるかわかりません。日本は世界一治安が良い国なので、日本より安全なところはありませんからね。

 

また、英語が全くできないという人にとっても安心です。海外ではスーパーやレストランでの注文など、生活でも英語力が身につくというのがメリットですが、英語力ゼロではそれも難しいかもしれません。最悪の場合、レストランで好きなものが食べられないなんてことにもなりかねません。

国内であれば、そんな心配はありませんし、病気になったり、何か困ったことがあっても日本語でやり取りできます。

 

3.今後の英語学習や海外に出るきっかけになる

国内留学だけで完璧に英語が話せるようになるのは難しいですが、英語への苦手意識を取り除き、興味を持つきっかけにはなります。

特に中高生にとっては、将来の選択肢を増やしておくのは良いことです。学校の授業にも役立ちますし、周りの生徒と差をつけるチャンスです。

将来的に海外に行きたいと思うようになるかもしれません。

多くの日本人は英語を毛嫌いしがちですが、合宿で少しでも英語を使った生活に触れれば、楽しさがわかりますよ。

 

 

イデアの国内留学の特徴

英語を勉強する学生

イデアの国内留学は、2泊3日の合宿です。朝7:30から夜10:00まで、とにかく英語を詰め込む、といえば辛そうですが、それは真ん中の1日だけなので安心してください。

また、詰め込むと言ってもずっと机に向かって、教科書を読んだり、テストをしたりしているわけではありません。むしろそのやり方は効率が悪いです。

英語はコミュニケーションツールなので、話すことが大切です。アウトプットすることで、より定着しやすくなります。イデアの国内留学でも、ここを重視して、アクティビティ、ディスカッション、プレゼンテーション、国際交流と会話する機会がたくさんあります。

 

英語講師は、ただ英語が話せるというだけでなく、教育のプロです。普段から教育機関や英会話教室などで指導しています。参加生約8名に対して1名の講師が担任し、スタートから終了まで指導にあたります。

 

国内留学プログラムの様子を、YouTube限定公開にて随時生配信が行われます。離れていても、子どもたちの頑張る様子をオンラインを通して確認することができます。これまで海外でのジュニアキャンプでは、毎日のメールのやり取りなどで、子どもたちの様子が確認できましたが、実際の映像を見ることができるのは安心ですね。

 

当然、コロナ対策は徹底されています。スタッフ、講師のPCR検査はもちろん、マスク及びフェイスシールドの着用をします。体温チェック、アルコール消毒、換気のほか、往復のバスは50%の乗車定員を予定しています。

 

 

 

どんな内容なの?

授業を受ける参加者たち

1. レッスンはディスカッションベースで、実践的な英語を学びます。

夜には国際交流もあり、そこでのディスカッションに備えて1日かけて学習します。

ディスカッションベースのプログラムでは、外国人特有のクリティカルシンキング(批判的思考)をベースに、会話やコミュニケーションを論理的に進めることができることを目指してトレーニングします。

日本人は、はっきりとした理由を言うのが苦手で、ただ何となく話しがちですが、英語では理由を述べる必要がありますし、なぜ?とよく聞かれます。

ただ英語を勉強するだけでなく、英語を使った話し方が学べます。

 

2.英語を使ったチームビルディングやゲームもあります。

短期間とはいえ、共に学習し、生活するうえでチームワークは必要です。

アイスブレイクやゲームを通じて英語力もコミュニケーション能力も伸ばします。

海外でのジュニアキャンプと同じく、修学旅行のような意味合いがあります。

 

3.オンラインを通じて世界の同世代の子どもたちと交流するプログラムもあります。

初日、2日目の夜はライブ国際交流で外国人とのディスカッションをして、より実践的に英語を発揮するプログラムになります。

世界の今を知るバーチャルツアーもあります。オンラインでの交流や学習を通じて、グローバルな視点も養われます。

 

 

まとめ

今回は緊急事態宣言の延長に伴い中止となってしまいましたが、また状況が落ち着いた時には改めてご案内できればと思っております。

国内留学は子どもの英語力を伸ばすには良い機会だと思います。海外留学ができない今、独学で勉強するのではなく、国内留学で効率的に英語を身につけましょう。

2021年夏季は国内だけでなく海外キャンプも予定されています。現時点で海外留学がどうなるかはわかりませんが、夏休みにも英語を学び、より英語力を高めていきましょう。

 

関連記事:国内留学の概要とメリットや費用について解説

関連記事:中学高校生向け【国内留学】イデア・イングリッシュキャンプ4つのメリット