セブ島留学中の理想的な授業数は何コマ?途中で変更できる?

セブ島留学中の理想的な授業数は何コマ?途中で変更できる?
2020年11月17日 GENKI
セブ島留学中の理想的な授業数

セブ島留学を考えていて、授業数をどうしようか迷っているあなたへ。

セブ島留学の授業数は、学校によって4コマから12コマくらいまであります。何コマのコースを選ぶのも自由なので迷いどころですよね。1日4コマしかなくて英語が話せるようになるのか、1日8コマもあってついていけるのか。

今回は理想的な授業数について解説します。

留学を考えている人からの、朝から夜までの授業についていけるか不安との声も多いですが、平均は6コマくらいです。オプションクラスや自習もあるので、1日の勉強時間は人それぞれ。体力があればどんどん勉強してください。疲れているなら休むのも大切です。

また、留学中に授業数が多すぎる、少なすぎると感じ、途中で変更したくなった場合や留学の延長、寮の延泊についても解説します。
私は大学生の時にセブ島に半年間留学していて、授業数は6コマでした。

 

セブ島留学中の理想的な授業数


セブ島留学中のおすすめの授業数

個人的な意見ですが、6コマがベストだと思います。

ちなみに1コマは45分か50分、休憩10分か15分で1時間のサイクルです。私の体験談から言えることですが、少なすぎず、多すぎず、ちょうど良かったです。中学や高校での授業を思い出してみてください。だいたい6コマくらいでしたよね。

その6コマでも集中して勉強できていましたか?
私もそうでしたが、授業中に寝ることもありました。セブ島留学はマンツーマンレッスンなので寝ることはありえませんが。

集中力はそんなに続かないということです。多ければ良いというわけではありません。

 

例えば12時間勉強した人は、6時間勉強した人の2倍英語力が伸びるなんてことはありません。
高校時代に6コマの授業を集中してできたかどうかは参考になると思いますよ。

出発前はやる気があり、ガッツリ勉強しようと思っても、実際に勉強するとしんどいです。時には休みつつ、留学中のモチベーションの維持も大切です。私は半年無理なく続けられ、英語力も身についたので、6コマでちょうど良かったと思います。

6コマでもキツそう、6コマだと少なすぎるという人もいると思います。
授業数が少ないパターン、多いパターンもご紹介します。

 

 

授業数6コマはキツい人


確かに、1日6コマでもしんどいと思う人はいると思います。特にかなり前に学生を終え、ブランクがある人は高校時代のように勉強するのはキツいですよね。

授業数が少ない方が良いなら、学校によっては4コマくらいのコースもあります。
イデアセブのバリューESLパッケージなら、必須受講は3コマです。

私が通っていた学校では最低4コマで、午前か午後のどちらか半日だったので、空いた半日は自由時間でした。朝が苦手な人はゆっくり起きて午後だけ勉強することもできます。午前中に授業を終えれば旅行や仕事もできますし、ジムに通う人もいます。

時間に余裕があり、短期間で英語力を伸ばす必要が無い人には良いと思います。
ネットで仕事ができれば、半日仕事、半日勉強ということもできます。

 

 

授業数6コマは少ない人


もっと勉強したいという人は8コマ以上のコースもあります。特にビジネス英会話やTOEICなどのコースは授業数が多めです。

一般の英会話コースでも8コマ以上のところがあり、さらにオプションクラスをつければ1日12時間くらい授業が可能です。

スパルタの学校なら朝から夜まで強制的に勉強することになります。スパルタについては、他の記事でキツすぎるのでおすすめしないと書きましたが、体力に自信がある人向けです。

 

関連記事:セブ島留学、おすすめはセミスパルタ校!その理由を具体的に解説します

 

また、意思が弱く自分では勉強できない、短期間でどうしても英語力が必要という場合には良いと思います。朝起きてすぐ単語テストがあったりするので、無理そうだなと思うならやめておきましょう。私は無理です。

起きてから寝るまで詰め込む必要は無いと思いますし、授業数は少なくてもオプションクラスや自習で勉強することは可能です。
また、本気で英語力を伸ばしたいなら、強制されなくても勉強できますよ。

 

 

留学期間×授業数のパターン


ここまでで授業数のイメージはできたと思います。最後に私が留学中に周りの留学生はどうだったかご紹介します。私の学校では、4コマ、6コマ、8コマから選べました。

まず、長期留学の場合、私と同じく6コマの人が多かったです。
ほとんどが私のように大学を休学して半年間留学している人でした。
やはり長期留学で8コマはキツいので、周りにはいませんでした。

1週間から3ヶ月くらいまでの期間なら8コマの人もいました。
短期間で英語力を身につけたい人です。今社会人で、すぐに英語力が必要という人もいました。

4コマの人は社会人だけでした。1週間で4コマならあまり英語は身につきませんが、旅行メインで、海外留学を体験したいという人もいます。4コマで半年の社会人もいました。お金や時間に余裕があり、英語力が必要というわけでもなく、趣味として留学している人です。大学生で4コマの人はいませんでした。大学生なら最低でも6コマは頑張りましょう。

留学する人も色々なケースがあるので、自分に合った留学期間×授業数を選びましょう。

 

 

授業数やコースを途中で変更する場合


留学中に授業数やコースを変更したくなった場合、学校にもよりますが、基本的には差額分を払えば変更できます。

ただし、授業数を減らす場合や安いコースへの変更の場合、返金はありません。

留学前によく考えてコースを選ぶことが大切ですが、実際にやってみると違うなと思うこともあります。人によっては学校自体が合わず、別の語学学校に転校する人もいます。寮が想像より汚すぎた、周りが韓国人だらけだったなどのケースがあるので、事前の調査が大切です。

また、留学終了後、もっと勉強したい場合、部屋に空きがあれば当然延長も可能です。中にはセブ島を気に入り、リピーターになる人もいます。

 

 

卒業後の滞在


卒業後は寮に延泊することもできます。語学学校の卒業式は毎週金曜日ですが、帰国のフライトは月曜日に取っているなど、フライトの都合があっても安心ですね。私はあえて月曜日に帰国のチケットを取り、最後の土日に仲良くなった先生や留学生と遊んだり、お土産を買ったり、荷物を整理したりしました。

ただし、翌週には新しい留学生が来ることもあるので、現地のスタッフにあらかじめ相談し、部屋の空きを確認しておきましょう。

空きがなくても、ホテルをとって滞在するのも良いですよ。せっかくのセブ島なので、最後はリゾートホテルに泊まって楽しみましょう。

 

ちなみに前泊もできます。毎週月曜日に入学式とオリエンテーションがあるので、日曜日には入寮です。土曜日にセブ島に到着するなどの場合でも臨機応変に対応してくれます。

変更、延長、延泊、前泊など、全て学校のスタッフにご確認ください。その際、日本人スタッフがいればスムーズですよ。

 

 

まとめ


授業数は多ければ良いというわけではありません。人間の集中力はそんなに続かないからです。私の経験から言うと、6コマで十分です。特に、半年もあるならあまり長い時間勉強するのはしんどいです。長い時間勉強することが悪いわけではないので、自分の体力ややる気を考慮しましょう。

1週間の短期留学とかなら1日12時間くらい詰め込んで勉強するのもありですね。授業数やコースが合わなければ留学中に変更もできます。

前泊や延泊もできるので、各学校に問い合わせてください。