セブ島留学のWiFi環境教えます!ネットを使う5つの方法

セブ島留学のWiFi環境教えます!ネットを使う5つの方法
2020年11月6日 GENKI
セブ島のWi-Fi環境、ネットを使う方法5選

海外旅行に行く人で、スマホについて悩む人は多いです。今使っているスマホは使えるのか、どのように設定したら良いか。海外でスマホを使うと料金が高くなると、なんとなく聞いたことがあると思います。

実際セブ島留学中にスマホは使えるか、WiFiはあるかという質問も多いです。セブ島でスマホを使う方法はいくつかあり、ちょっと複雑なのでこの記事で解説します。また、私がセブ島に5年住んだ経験から、おすすめの方法もご紹介します。

 

セブ島留学中にネットを使う5つの方法


セブ島留学中のインターネット

1,国際ローミング

1番簡単な方法は日本で使っているスマホをそのまま使うことです。プランは携帯会社によって色々ありますが、データ通信無制限なら、定額で1日2,980円です。他の方法より割高ですが、WiFiやSIMカードを借りたり買ったりする必要はありません。設定や料金について、詳しくは各携帯会社にご確認ください。

 

2,海外WiFiレンタル

海外旅行に行く人がよく使う方法で、イモトのWiFiなどでポケットWiFiを借りれば、自分のスマホをそのまま海外で使えます。料金は行き先や容量、会社にもよりますが、フィリピンなら1日500~1,000円くらいです。長期になるとレンタル料金が高くなってしまうので、1週間から長くても1ヶ月くらいまでがおすすめです。

 

3,現地のSIMカード

現地でSIMカードを買えば100円以下で済みます。データ通信料は、プランにもよりますが1週間、1ギガ200円くらいです。そこに1日2ギガまでのゲームや動画サイトがつきます。ここ数年で容量は増え、値段は下がりお得になりました。少し割高ですが、到着した時に空港でも買え、設定もしてくれます。

SIMフリーのスマホが必要になるため、数年前まではなかなか使えない方法でした。今は簡単に買うことができますが、昔は通販で海外から買っていたんですよ。また、支払いは基本的にプリペイドで、プランを自分で選ぶ必要があります。少し難しい設定が必要なので、海外旅行上級者がよくやっている方法です。

現地でSIMカードを買うのが不安なら、少し高いですがAmazonでも買うことができます。アジアのどこでも使えるようなSIMカードもあり、これも何ヶ国も周るような上級者が持っています。

 

ちなみに、フィリピンの携帯会社大手は2つあります。グローブとスマートの2社でセブ島でSIMカードを買うほとんどの人が、この2社のどちらかを使うことになります。プランはほとんど同じなのでどちらを選んでも構いませんし、おすすめもありません。田舎に行くとどちらが繋がりやすいというのはありますが、IDEAは街中にあるのでどちらでも大丈夫です。

 

4,現地のポケットWiFi

現地でポケットWiFiを買って現地のSIMを入れれば、WiFiレンタルと同じように使えます。本体は3,000円、データ通信料は先程説明した現地SIMと同じなので、レンタルよりかなり安く済みます。WiFiレンタルと同じく、SIMフリーのスマホが無くても使えることがメリットです。

ただし、容量には注意してください。色々なプランがあって複雑なのですが、私は先程の1週間で1ギガまで200円プラス動画1日2ギガのプランを使っています。

1日中ネットサーフィンすれば1ギガでは7日間持ちませんし、YouTubeをずっと見ていると1日2ギガを超えてしまいます。昼間は勉強しているのでそこまで使うことはないかもしれませんが、容量の大きなデータのやり取りなどには注意が必要です。

容量を節約するならフリーWiFiを使いましょう。

 

5,フリーWiFi

学校や寮にはWiFiがあり、上記のような物が無くても、誰でも使うことができます。セブ島はフリーWiFiが多く、ショッピングモール、カフェ、ホテルなど、そこそこのレベルの場所ならだいたいあります。ただし、寮で使う人が多く、繋がらなくなるのはよくあることです。

IDEAは寮の近くでSIMやポケットWiFiが買えますし、隣がショッピングモールで、近くにはカフェやホテルのWiFiもあります。

また、フリーWiFiに限らずですが、通信速度にも問題があります。日本は世界一、フィリピンはアジアで最低レベルです。私は慣れているのであまり感じませんが、日本から来た人は遅く感じそうですね。ネットサーフィンは問題ありませんが、動画のアップロードなどは時間がかかりすぎるかもしれません。

良いネット環境が必要なら、コワーキングスペースなどもあります。

 

その他:現地のガラケー

1,000円くらいで、おもちゃのようなガラケーが買えます。ネットはできませんが、通話やメールはできるので、フィリピン人との連絡に使えます。長期留学する人は先生と仲良くなる人も多いので、買う人は意外と多かったです。

連絡はLINEやSNSで良いと思うかもしれませんが、ガラケーしか持っていないフィリピン人もいます。LINEも日本ほど有名ではないので、一般のフィリピン人は使いません。

とは言え学校の先生ならほぼスマホを持っていますし、LINEもやっている人が多いです。

 

 

セブ島留学中のネット環境おすすめプラン


セブ島留学中のインターネット Wi-Fi

1,短期留学の場合

短期の場合WiFiをレンタルするのが手軽で便利です。
私はセブ島に住んでいてたまに日本に帰るので逆のパターンですが、必ずWiFiをレンタルします。海外旅行をする人もこのパターンが多いです。

出発時に空港のカウンターで受け取り、帰国時に同じところで返します。

家に宅配してもらい、ポストに返却できる会社もあります。有名なのはイモトのWiFiですが、他にも何社かあり、料金も違うので調べてみてください。

契約や受け渡しが面倒なら国際ローミングを使いましょう。
多少お金がかかってもいいという人で、このパターンも結構います。

逆に安く済ませるなら、ほとんど出かける機会もないので、寮のフリーWiFiで済ませても良いですよ。スマホやWiFiはあれば便利ですが、留学中は無くても良いと思います。

 

2,長期留学の場合

料金を考えるなら、現地のSIMかポケットWiFiがおすすめです。プランはどちらも同じなので、SIMフリーのスマホを持っているかどうかで決めましょう。

出先で連絡が取れるますし、地図を見たりネットで調べ物ができたりして便利です。人が多く寮のWiFiが繋がらない時も問題なく使えます。お金をかけたくないならフリーWiFiだけにしましょう。私は半年間の留学中そうしていました。

フリーWiFiは結構色々なところにあるので、あまり困りませんでした。フリーWiFiが無いのは路上や離島ですが、ポケットWiFiがあっても離島では繋がりにくいですし使いません。

また、路上でスマホを出すのは危険なので、使えなくても問題ありません。私もフィリピン人の友達がたくさんできたので、連絡用にガラケーを買ってメールしていました。ただ、今思うとよくあれで過ごせたなとも思います。

今は現地SIMとポケットWiFiの両方を使っています。料金は安いし、めちゃくちゃ便利なので強くおすすめします。

セブ島留学中のネット環境に関するまとめ

ご紹介してきたように、スマホを使うには色々な方法があります。ただ、セブ島のネット環境は悪いのであまり期待しないようにしてください。レンタルWiFiだろうが現地SIMだろうが、そもそもスピードが遅いですし、繋がらないこともあります。

YouTubeが見られないことはたまにありますが、LINEやネットサーフィンなど、一通りはできます。特にここ数年で容量、値段だけでなく通信速度も少しは良くなっています。

スマホやWiFiの設定は専門用語が多く、難しいかもしれません。
IDEAのスタッフがサポートするので、困ったことがあればご相談ください。