セブ島留学ではどんなビジネス英語が習えるのか?習得にどの程度の期間が必要?

セブ島留学ではどんなビジネス英語が習えるのか?習得にどの程度の期間が必要?
2020年10月16日 GENKI
セブ島で学べるビジネス英語について

セブ島留学のメインは日常英会話ですが、ビジネス英語も学ぶことができます。ビジネス英語とは簡単に言うと、仕事で使う英語のことで、日本語でもビジネスシーンで独特の言葉があるように、英語にもあります。最近では英語力を必要とする日本企業も多いですよね。ビジネス英語を習得すれば日本企業への転職にも役立ち、将来的に海外で働くこともできるかもしれません。

今回の記事では、セブ島留学を半年経験した私が、ビジネス英語の内容と習得までの期間や習得後の進路などを解説します。

 

セブ島留学で学べるビジネス英語の内容

 

履歴書、面接


履歴書の書き方や面接での受け答えなど、就職前の段階から必要な英語が学べます。英語で住所を書く時は番地→町→市と小さい方から書くなどの意外と知らないルールもあります。面接は英検の二次試験で経験があるかもしれませんが、勉強しなければ挨拶の仕方も分かりません。

簡単なことでも経験がなければ分からないので、基礎から学んでいきます。

 

メール、電話


日本のビジネスシーンと同じように、英語でのメールの書き方があります。「ご担当者様」は英語でどう書くか分かりますか?「〇〇様」も難しいですよね。このように、メールだと日常英会話では使わない表現もあり、英語ができる人にとっても難しいです。

電話も同様に「もしもし」「〇〇と申します」はどう言うかなどから学びます。

 

プレゼンテーション


ビジネスにおいて重要な、自分の意思を表現して伝える能力を伸ばす練習です。グループクラスで他の留学生の前で話すので、日本人が苦手な人前で話す練習にもなります。そもそもプレゼンテーション自体が日本人は苦手かもしれませんね。英語でアウトプットすることはとても大切で、言葉にしなくても察するという文化は日本だけのものです。気持ちを言葉にして伝えられるようにしましょう。

プレゼンテーションは日本語でも難しいので、英語だとかなり厳しいです。先生に質問しまくって話し方、伝え方を学びましょう。

 

TOEIC、TOEFL、IELTS


TOEICは日本での就職に重要です。企業によっては応募の段階でTOEIC何点以上かを要求されることもあります。例えば楽天の場合、選考には必要ありませんが、入社までに800点を取得する必要があります。(楽天新卒採用のFAQはこちら

TOEFL、IELTSはあまり聞き馴染みが無いかもしれませんが、欧米に留学する際に必要になります。学校によってはTOEICなどのスコアアップに特化したコースもあります。

 

日常英会話


ビジネス英語でも日常英会話が重要で、むしろメインはこちらです。日本語も同じで、相手が取引先だとしても会話のほとんどはあまり難しいのもでは無く、世間話のようなものです。

ビジネス英語は日常英会話の延長だと思って構いません。文法、リスニング、発音などの基礎からしっかりと勉強します。

 

 

ビジネス英語習得までの期間

セブ島留学のビジネス英語を学ぶべき期間

 

セブ島留学のメリットの1つとして、1週間から留学できるという点がありますが、ビジネス英語は習得できません。1週間や1ヶ月の留学というのは、日本企業からの研修で来ている人が多いです。すでに社内で英語を使っていて、もう少し慣れることが目標なら1ヶ月でもいいと思います。

これから英語を使うなら、どのレベルを目標にするかにもよりますが、最低でも3ヶ月くらいは必要です。3ヶ月あれば日本人レベルでは流暢になれるので、今後海外出張や海外転勤もあるかもしれません。そもそも出張や転勤でも全く英語が話せない人もいるので、かなり有利になることは間違いありません。

セブ島にいる駐在員で、英語が話せない人と何人も会ったことがあります。半年勉強すれば、英語を必要とする日本企業に転職するのに有利になると思います。楽天くらいのレベルですね。

 

また、海外で仕事もでき、私も半年の留学後、セブ島で仕事をしています。と言ってもフィリピン人とコミュニケーションをとる程度です。

アメリカの大企業に就職するレベル、外資系で欧米で働くレベルになることはほぼ不可能です。アメリカで1年、2年と留学するくらいの勉強が必要なので、そこを目指すのであればセブ島留学で基礎を学び、欧米に留学しましょう。

 

 

まとめ

セブ島留学のビジネス英語は、ビジネスシーンで必要な英語が全て学べます。マンツーマンレッスンがメインなので、自分が分からないこと、限定的なシチュエーションでどう言うかなども聞くことができます。ビジネス英語を学べば、日本で英語が必要な企業に就職するのに有利です。

また、企業からの研修で留学する人も多く、英語を鍛えれば海外出張や海外転勤のチャンスがあるかもしれません。海外で仕事をするレベルにまでなれますが、欧米の大企業で働くのは厳しいです。そのレベルを目指すなら数年単位で勉強しましょう。

ビジネス英語をマスターするならイデアセブへの留学をおすすめします!