セブ島留学のシェアルーム(相部屋)の4つのメリットと唯一のデメリット

セブ島留学のシェアルーム(相部屋)の4つのメリットと唯一のデメリット
2020年9月24日 GENKI
セブ島留学シェアルーム(相部屋)のメリットデメリット

セブ島留学では、基本的に滞在先が寮かホテルから選べます。寮の場合は1~4人部屋の場合が多いです。2人以上で同じ部屋に住むことはなかなか経験がないですよね。

今回の記事では、シェアルームの4つのメリットと唯一のデメリットを解説します。私が半年留学した際は3人部屋を選びました。メリットもデメリットも実際にあったことなので、ぜひ参考にしてください。

 

セブ島留学シェアルームのメリット4つ


1.シェアルームを選ぶと留学費用が安い

シェアルームと1人部屋の1番決定的な違いは料金です。4人部屋だと合計金額はホテル滞在や1人部屋の半額くらいになります。留学期間が半年だと数十万円の差になるのでかなりの金額です。

私は大学生だったので、他に何も考えず料金だけで選びました。ルームメイトも大学生、20代でしたし、同じ時期に留学していた周りの大学生もみんなシェアルームを選んでいました。結果的にはシェアルームを選んで良かったです。

 

2.シェアルーム内で友達ができる

留学はほとんどの場合1人で来ますよね。勉強が第一ですが、長く滞在して生活していくわけなので、できれば話し相手が欲しいです。留学前は友達ができるかという不安もあると思います。

実際に留学してみると、周りに何十人と留学生がいても意外と話す機会はありません。マンツーマンレッスンでは留学生同士が話すことはありませんし、食事の時に誰かに話しかけることもなかなかありませんでした。初めての環境で1人でいると精神的にきついと思います。

シェアルームの場合、同じ部屋の人とは確実に話します。私はこれで初日から話し相手ができました。ルームメイトは私より何週間か早くセブ島に来ている人なので心強かったです。既に何人か友達もいて、その繋がりから私も友達が増えました。

私も1人で来ましたが、友達ができたおかげで毎日楽しかったですし、一緒に観光もできました。留学中はなるべく日本人同士で話さないという人もたまにいます。日本人同士で話してしまうと英語が伸びなくなるという意見もあるからです。

私はそうは思いません。むしろ日本人同士で話すことでプラスになることはたくさんあります。

 

3.情報交換ができる

セブ島で生活するうえで、情報はすごく大事です。ネットにも色々と情報はありますが、調べられないこともたくさんあります。近くに美味しいレストランができた、この商品を買ってみたら良かったなど細かいことは分かりません。こういう細かい情報は生活するうえで意外と役立ちます。

例えば、私が住んでいた寮から徒歩2分のところに良いレストランがありました。地元の人には人気ですが、ネットには載っていないようなところでした。誰かが見つけてきてみんなが通うようになり、留学生に人気の店になりました。私も重宝していて、良い情報だったなと思います。

他にも、観光する時のレンタカー会社や果物の値段の相場まで、色々な情報が寮で共有されています。毎週末、誰かしらが人数を集めてどこかに遊びに行っていました。

 

4.勉強の面で刺激になる

期間が長くなるとだんだん飽きてきたり疲れてきたりして、中だるみの時期があります。そんな時でも同じ部屋の友達は勉強を続けていて負けたくないと思い、また頑張ることができました。部屋で自習する姿を見るだけでも刺激になります。

特に私と同年代の留学生が多かったので、競争意識で頑張っていました。また、友達がいれば自分の知っていること、知らないことを共有し合うという勉強の仕方もできます。自分の部屋がアウトプットの場にもなりました。

 

唯一のデメリット


生活スタイルが合わないかもしれないというのが唯一のデメリットです。ある程度お金に余裕のある人、30代以上の人は1人部屋やホテル滞在を選ぶ人もいました。共同生活ができない人や1人だけで自由に生活したい人には厳しいかもしれません。

例えば、寝る時間は人によって違うのが当たり前です。シェアルームだと自分が寝たい時に誰かが起きているかもしれません。神経質な人はきついでしょうが私は全く気にしないので、誰かが起きていても問題ありませんでした。些細なことなので深く考えず、相手に一言言えば大丈夫です。もう寝るからできるだけ静かにしてとだけ言えば騒ぐ人などいませんからね。

ルームメイトのいびきがうるさくて眠れないなどの問題もあるかもしれません。気になる人は耳栓を持って行くなど対策をしましょう。私は一切気にしていませんでしたが。。。

 

ちなみに、気になるシャワーやトイレの順番待ちなどはありませんでした。これは男3人部屋の私の場合ですので、女性4~6人になると厳しいかもしれません。予めシャワーの時間を決めるなど、ルールを作っておくといいかもしれませんね。

セキュリティに関しても、物が盗まれることなど1度もなかったです。ただ、一応用心して、貴重品の管理には気をつけましょう。仮に盗まれたとしても当たり前ですが自己責任です。

 

セブ島留学のシェアルームまとめ


メリットは安い、友達ができる、情報交換ができる、刺激になるの4つです。1人で生活するのは大変なので、何でも共有できる友達がいるのは心強いです。デメリットは共同生活であるということです。といっても、最低限のマナーがあれば大丈夫です。

やはりシェアルームを選ぶのは安さが決め手だと思います。安さで選んでも全く問題ありません。なお、シェアルームは2人から4人が基本です。価格も少しずつ違っていますので、ぜひご自身の予算にあったプランを選びましょう。