セブ島留学中のおすすめ観光&アクティビティ5選

セブ島留学中のおすすめ観光&アクティビティ5選
2020年9月24日 GENKI
セブ島留学 観光とアクティビティのおすすめ

英語を学ぶためのセブ島留学ですが、せっかく海が綺麗なセブ島に来たんだし、ちょっとは羽も伸ばしたくもなりますよね。ということで、今回はセブ島留学中のおすすめアクティビティ5選を紹介します。

 

はじめに


英語力向上のために、意気込んできたセブ島留学。ですが長期間セブ島で勉強していると、成績が思うように伸びず、モチベーションが上がらない時期もあります。なんでこんな南国に来てまで、毎日室内にこもって、勉強机に向かっているのだろうと、自問自答してしまうこともあるかと思います。そんなときは、思い切ってセブ島を満喫してリフレッシュすると、モチベーションも上がり、英語学習にも良い影響があります!半日で楽しめるものから、数日かかるものまで、自身のスケジュール次第で調整できます。では早速セブ島留学中のおすすめアクティビティ5選を紹介します。

 

 

おすすめ① ジンベイザメと泳ぐ


シュノーケリングアクティビティ

セブ島では、ジンベイザメと泳ぐことができます。セブ島に来たことある人であれば、ほぼみんなが経験するくらいメジャーで、有名なアクティビティです。

◆ 場所はどこか?

オスロブという場所でジンベイザメと泳ぐことができます。オスロブはセブ島の南端にあります。セブ島の市街地から3~4時間程度の距離です。

◆ 何ができるか?

なんと言ってもほぼ確実に、ジンベイザメを間近で見ることができます。その迫力に興奮することは間違いありません。私が実際に行って、あれがあったらと思ったものは、「GoPro」などのアクションカメラや、防水対応のコンパクトなカメラです。途中まで一眼レフは持っていたのですが、ジンベイザメと泳ぐためには、10人程度の小舟に乗って、そのスポットに行く必要があり、そこには防水性があるもの以外、持ち込めません。その貴重で感動的な瞬間を記念に残すため、防水性能があるカメラを持って行くことをおすすめします。

◆ どうやって行くのか?

個人で、サウスバスターミナルから出ているバスに乗って行くこともできますが、おすすめはしません。メジャーな観光地なので、学校が主催するスクールトリップも頻繁に開催されています。もしスクールトリップ があれば、その方がみんなで楽しく、安心して、また道中にある他の観光地も回れるため、おすすめです。

  

 

 

おすすめ② 誰でも楽しめるアイランドホッピング


セブ島おすすめアクティビティ アイランドホッピング

セブ島ではやはり透明度が高い、美しい海が魅力です。セブ島周辺には小さな島々がたくさんあり、そこまで行くとより透明度が高い海を楽しめます。

◆ 場所はどこか?

島は無数にあります。有名なところだと、先ほど紹介したオスロブの右下にあるスミロン島。長い桟橋があり、セブの市街地からも比較的近い、ナルスアン島。日本人が島を所有しているカオハガン島があります。

◆ 何ができるか?

アイランドホッピングでは、シュノーケルで美しいサンゴ礁や熱帯魚をみることが出来ます。誰でもセブ島の美しい海を楽しめるということで、セブ島の王道アクティビティと言えます。場所やツアーによっては、BBQランチがあったり、ビーチでバレーをしたり、シュノーケル以外にも楽しむことが出来ます。

 

◆ どうやって行くのか?

セブ島留学 おすすめアクティビティ スミロン島スミロン島

スミロン島は元々オスロブとセットになっているプランがメジャーです。また個人で行く場合は、オスロブまで行き、現地でツアーを予約したり、直接現地人にボートをチャーターしたりもできます。

 

 

セブ島留学 おすすめアクティビティ ナルスアン島

ナルスアン島

セブの市街地からマクタン島の港まで、車で1時間程度かかり、その後ボートの乗って40分程度で着きます。ここもツアーでも個人でも行けますが、時間帯によって、船がなかったり、値段をぼったくられたりする可能性もあるので、不安であればツアーで行くことをおすすめします。

 

セブ島留学 おすすめアクティビティ カオハガン島

カオハガン島

セブの市街地からマリゴンドンポートまで車で1時間程度かかり、その後ボートで50分程度で着きます。先ほど紹介したナルスアン島からも近く、ナルスアン島を中心にすると、北東方向にカオハガン島があります。ここもツアーでも個人でも行くことができます。

 

 

 

 

おすすめ③ 観光スポットの宝庫、ボホール島観光


セブ島留学 おすすめアクティビティ ボホール島

ボホール島はフィリピンでも、10番目に大きい島です。島内にはたくさんの観光スポットがあるため、日帰りだけでなく、数日泊まっても十分に楽しめます。

◆ 場所はどこか?

ボホール島はセブ島の右手にあります。セブ島の港から船で2時間程度の距離にあります

◆ どうやって行くのか?

セブ島市街地にあるPier1という港から船が出ています。後で出てくるサン・ペドロ要塞という観光名所の近くに港があります。当日に港で船のチケットを購入できますが、大人数で行く場合や絶対に乗りたい便がある場合は、モールにあるツアーデスクで、事前に購入することもできます。

 

◆ ボホール島の観光スポット6選

セブ島留学 おすすめアクティビティ チョコレートヒルズチョコレートヒルズ

チョコレートヒルズは、1000以上の小高い丘が辺り一面に広がる観光名所です。普段はその丘に緑が生い茂っていますが、乾季になると茶色くなるため、チョコレートヒルズと呼ばれています。高台から見渡すことができ、圧巻の景色です。

 

セブ島留学 おすすめアクティビティ ターシャ

ターシャ保護区

ターシャとは、目がくりくりしている、手のひらサイズの世界最小の猿です。普段は木の枝にじっと掴まっていて、その愛らしい姿に癒されること間違いありません。

 

 

セブ島留学 おすすめアクティビティ ボホール島 クルーズロボック川クルーズ

バイキング形式のランチを楽しみながら、クルーズします。クルーズの途中には生演奏の音楽が聴けたり、原始的な村に寄り道して、記念撮影ができたり、クルーズ以外にも楽しめる要素がたくさんあります。

 

セブ島留学 おすすめアクティビティ アロナビーチ

アロナビーチ

美しい海と白い砂浜が有名なアロナビーチ。ビーチ沿いにカフェやレストランもあるので、ここでゆっくり海を見ながらゆっくりするのもいいと思います。

 

 

セブ島留学 おすすめアクティビティ ジップライン

ジップライン

ボホール島の森や川を上空から見渡しながら、エキサイティングなジップラインが体験できます。身体ひとつで渡るものや、自転車で渡るものなど種類があります。

 

 

バギー

大自然の中をバギーで走り回れます。途中いくつかスポットで止まり、ガイドの人が、インスタ映えな写真を撮ってくれます。ただスピードを出しすぎてしまい、ケガをしてしまって日本に帰国せざる終えなくなった留学生もいるため、スピードの出しすぎには注意が必要です。

 

 

 

おすすめ④ ウミガメに遭遇も!?セブ島ダイビング


セブ島留学 おすすめアクティビティ ダイビング ウミガメ

セブ島はダイビングスポットとしても有名です。また日本の半額程度でダイビングのライセンスが取れる場所もあり、休日を使って取得しにいっている留学生もいました。

◆ 場所はどこか?

いくつもスポットはありますが、市街地から近いところだと、空港があるマクタン島。またはセブ島市街地から車で3時間程度で行ける、モアルボアルは運が良ければウミガメにも会えるということで、人気があります。

◆ 何ができるか?

マクタン島ではサンゴ礁や熱帯魚を、モアルボアルではウミガメに会えたり、サーディン・ラン(イワシの大群)を見ることができたり、サンゴ礁や熱帯魚以外の見どころもあります。

◆ どうやって行くのか?

マクタン島へは、そこまで距離もないので、タクシー移動が主流です。友達と割り勘すれば、安上がりで楽に行くことができます。モアルボアルは、サウスバスターミナルからバスが出ています。セブ島の長距離バスは、急に売り子の人が乗車して、水やら軽食やらを販売していたり、またなにもない草原でトイレ休憩があったり、日本では見られない新鮮な光景が見られるため、一度乗ってみても楽しいかもしれません。

 

 

 

おすすめ⑤異文化を感じる市内観光とショッピング


近場で楽しみたいや、半日だけ楽しみたい人は、市内観光がおすすめです。異文化を感じられる場所から、ショッピングを楽しめる場所まで、市内でも十分に楽しめます。

 

◆ 市内観光スポット3選

セブ島留学でおすすめ観光地のマゼランクロスマゼラン・クロス

マゼランとは、世界史でも有名な世界周航を試みたポルトガル人の冒険家です。そのマゼランが持ち込んだ十字架(クロス)が、サント・ニーニョ教会の近くにあり、多くの人が訪れるスポットになっています。簡易な建物ですが、天井に、キリスト教の洗礼の様子が描かれた絵があり、見ているだけでも楽しい場所です。ちなみにマゼランが持ち込んだ本物のクロスではなく、現在あるのはレプリカらしいです。

セブ島留学でおすすめ観光地のサンペドロ要塞

サン・ペドロ要塞

サン・ペドロ要塞は、フィリピンがまだスペインの植民地時代に、スペインによって造られた要塞です。石造りで大砲などもあり見た目からして、The要塞と言わんばかりの外観です。日本がセブ島を占領していた時代も捕虜収容所として使われており、日本にも歴史的な関係のある場所です。

セブ島留学でおすすめ観光地のサントニーニョ協会サント・ニーニョ教会

サント・ニーニョ教会は、フィリピン最古で、市内にある一際大きな教会です。フィリピンは9割がキリスト教徒で、教えてもらう先生達も毎週礼拝に行っていました。日曜日はミサが行われるため、多くの信者が訪れます。日本では、なかなか見られない新鮮な光景で、異文化を感じられました。

 

ショッピングスポット5選

セブ島には、現代的な巨大なショッピングモールや、現地の生活が感じられるモール、またローカル感があふれる商店街のような路面店街など、さまざまなショッピングスポットがあります。

アヤラモール・セブ

セブ島に来たら、みんな一度は必ず訪れる場所ではないでしょうか。それくらい有名なショッピングモールです。スターバックスやH&Mなど日本にも進出しているお店もあります。中庭があり、落ち着いた雰囲気で、居心地もとてもいいです。多国籍料理が味わえるレストランがあり、オシャレなバーもあるため、一日中楽しめるショッピングモールです。

SMモール

SMグループは、フィリピン国内に数十店舗ある巨大な小売りチェーンです。セブ島には3店舗あります。その中で市街地にあるSMセブシティには、日本のユニクロの店舗もありました。なにを買う予定がなくても、なんとなく行ってみたくなります。モール内にはボーリング場もあるので、友達を誘って行くのも楽しいと思います。

ガイサノ・カントリーモール

セブ大学の向かいにあり、アヤラモール・セブやSMモールよりも庶民感があるモールです。モール内に映画館があり格安で見られるため、映画を観るために訪れている留学生もいました。

コロンストリート

コロンストリートに行けば、ローカル感を味わえます。ですが語学学校のオリエンテーションでは行かないように禁止されるエリアです。それはストリートチルドレンが多く、治安がよくないためです。おすすめはしませんが、どうしても行きたいという人は、先生など現地に詳しい人と行きましょう。お金を持っていそうな身なりは控え、貴重品は最小限にするなど注意する必要があります。

ナイトマーケット

海外に行くと、無性に行きたくなるナイトマーケット。セブ島でもいくつかありますが、ITパーク内で行われているナイトマーケットが有名です。週末の木曜日から日曜日まで開催しているため、授業終わりに行くこともできます。多国籍の屋台があり、音楽の生演奏もあるので、かなり雰囲気がいいです。

 

 

まとめ


今回は、セブ島留学中のおすすめアクティビティ5選を紹介しました。セブ島には、楽しめるスポットがたくさんあります。

ですが、日本と比べると治安が悪く、軽犯罪も多いです。また個人で行く場合は、値段をぼったくられる可能性があるため、必ず相場を調べて都度交渉しましょう。不安な人は、多少高くはなりますが、ツアーに予約した方が早くて、安心です。

そんな楽しいこと満載のセブ島ですが、アクティビティのことばかり考えてしまうと、何のためにセブ島留学しに来たのか、という本来の主旨を見失ってしまいます。勉強に励みながら、適度にアクティビティも楽しみつつ、バランスよく過ごしましょう。

もし勉強にストイックに取り組みたいけど、周りに流されやすいという人は、スパルタ校を検討してみてもいいかもしれません。外出制限があったり、休日に追加授業があったり、意識の高い人が集まるからです。最後に、羽目を外しすぎると、思わぬところで怪我をしてしまったり、盗難の被害にあったり、いろいろトラブルに巻き込まれてしまいます。くれぐれも注意は怠らず、勉強も遊びも楽しみ、良いセブ島留学にしましょう。